F-castバラエティ視聴率まとめ

コメント大歓迎!スマホでも視聴率が分かり速報!バラエティ、ドラマ番組の感想、出演者情報などを福岡から更新しています。検索『視聴率』で!

【8/24-25視聴率】24時間テレビ 「ニッポンって…?~この国のかたち~」 



24時間テレビ 「ニッポンって…?~この国のかたち~」
今年は…嵐&上戸彩、総合司会初タッグ羽鳥&桝…強く明るく「ニッポン」を考えます。
▽24時間マラソン…森三中大島が88キロマラソンに挑む
【メインパーソナリティー】嵐(大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和也 松本潤)
【チャリティーパーソナリティー】上戸彩
【チャリティーマラソンランナー】森三中 大島美幸
【総合司会】羽鳥慎一 桝太一
【総合演出】古立善之
【総合プロデューサー】田中宏史
【チーフプロデューサー】加藤幸二郎
【視聴率】平均 18.1% 歴代4位
8/24
19.8% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART1 マラソン開始
23.4% 24時間テレビドラマスペシャル・今日の日はさようなら
19.1% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART2 23:12-01:45
8/25
*6.6% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART3 深夜朝まで生しゃべくり007!
*9.6% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART4 05:30-
18.7% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART5 06:57-
17.2% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART6 11:27-
17.6% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART7 12:27-
21.1% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART8 16:59-
25.4% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART9 17:23-
30.5% 24時間テレビ36愛は地球を救うPART10 19:00-グランドフィナーレ


【本日の番組感想】
PART.1 18:30~25:45
今年のマラソンは…森三中大島が体重88キロからの88キロマラソンに挑む!最新の体重測定後…スタート!
▽肢体不自由な少年が相葉に誓う…ウオーターボーイズに生挑戦
▽ダーツ旅…上戸&桝初ダーツ!
▽二宮の「ニッポン調査」
▽国立競技場で鉄人間寛平が陸上十種競技に挑む
▽末期がんで決意の出産…ママが遺した息子へのビデオレター
▽美しき日本の美しき名曲…世界遺産東大寺から小林旭生熱唱
▽華原朋美…復活のImproud

PART.2 1:45~5:30
朝まで生しゃべくり007!真夏のお騒がせ芸能人集結…嵐もア然…旬の芸人名言ドッキリ!隠し撮りで…珠玉の名言は誰だ?
▽「私たち嫌われているかも!?」のゲストが深夜にギリギリ相談!
▽真夜中のギリギリソウル…炎上するのは誰だ?
▽ヌルッと結婚を発表した3組を祝って朝まで(秘)結婚式中継
▽大物検証ドッキリ今年も決行!今年のターゲットは誰
▽森三中大島激走中…最新情報も
▽スポーツ世界記録挑戦新記録出るか

PART.3
▽朝5時頃…日本の世界遺産からご来光中継!富士山&小笠原
▽森三中大島88キロマラソン…激走2日目
▽マラソン応援団が作る…88マラソンゴールゲート
▽日本列島スターものまね天気予報…二宮ものまねムチャぶりか
▽日本各地のスゴい人たち生中継!三重の海女さん&熊本畳を投げる男&日本一ハードな吹奏楽部
▽いよいよ震災で故郷福島を離れた子たちがイモトと富士登山に挑む!遂に2日目スタート

PART.4 6:57~11:17
7時から…徳光&羽鳥&桝による日本列島絶景ズームリレー!世界遺産知床生中継
▽美しき小笠原ダイビング生中継…スタート
▽24時間SPドラマ「今日の日はさようなら」真実の物語
▽鉄人・間寛平陸上十種2日目…新記録出るか?
▽羽鳥&大野ダーツ旅
▽8時40分頃…相葉が伝える戦争の悲劇…戦友の誓い
▽ダウン症の女性たちが踊る自立へのダンス…AKB48と踊る
!▽板尾創路…愛娘の死で突然失われたあたりまえの幸せ

PART.5 11:27~12:27
▽二宮の日本調査…外国人から見た日本は?二宮が徹底調査!
▽羽鳥号泣…22年間開けなかった亡き妻からのラブレター
▽小笠原ダイビング中継…美しき海で美しき魚は見えるのか?
▽突然姿を消したものまねタレント岩本恭生…実は妻の介護にすべてを捧げていた…妻の介護で気づいた家族の形とは
▽イモトが震災で離れ離れになった子ども達と富士登山挑戦…生中継

PART.6 12:27~16:54
▽13時頃…大野智が被災地の子ども達と武道館で魔法のキャンバスに故郷の海を描く
▽志村けんが高知へ…白血病と闘った10歳の少女に捧ぐよさこいのひまわり
▽イモトと子ども達…富士登山遂にゴールか?
▽14時50分頃…今年も熱い!高校生ダンス甲子園~そして嵐が踊る!魅せる!嵐の最強ダンスメドレー
▽今年こそリベンジ!右足を失った少女が目指す屋久島縄文杉…宮川大輔熱くサポート!▽あの紅白アーティストも続々…

PART.7 16:59~20:54
▽真矢みきが涙の再会…被災地に咲く小さな花屋さんの今…2年ぶりの出会いに号泣
▽17時30分頃…チャリティー笑点…チャリティー大喜利
▽間寛平…国立競技場で最後のチャレンジ!1500メートル走で新記録狙う
▽ニッポンの母と呼ばれた森光子の生涯…天国の森光子に聴いてほしい東山紀之と嵐が捧ぐ「君だけに」
▽18時30分頃…松本潤と耳の不自由な子ども達が挑む…心をひとつにするタップダンス…武道館に響かせたい…
▽マラソンいよいよゴールか
関連記事

SMAP ブログランキングへ
2013/08/26 09:11 :Category:【視聴率】 コメント(15)
管理人さんこんばんは
毎日ありがとうございます。

今は嵐にしやがれで、関ジャニと対決していますが
なぜあんなことをさせる必要があるのでしょうか?

番組だけでも24時間以上あるのに
毎日毎日、生放送の番宣
それに、今の番組での体力勝負。

嵐の5人のことをもっと考えて欲しいと思いました。

24時間テレビなんだから、もっと別のことすればいいのに・・・
と、思ってしまいますが、視聴率のことを考えたら
仕方のないことなのかも知れませんね。
投稿者: [ 2013/08/24 23:53 ]
24時間テレビ
とても良かったです。内容、嵐や出演者の方、皆が頑張っていました。日本が優しさと前人気進んでいく国になってほしい。
投稿者: [ 2013/08/25 23:24 ]
24時間テレビの嵐はとても良かったです。誠実さ一生懸命さが伝わりました。内容も感動的なものが多かったです。
投稿者: [ 2013/08/25 23:27 ]
チャリティーランナー
最後にランナーの森三中の大島さんは、幼い頃にいじめに遇いながらも
又、一歩前進。弱い子の何処かの誰かに届けばいいな・・・・・・。

投稿者: [ 2013/08/26 02:00 ]
24時間テレビ
深夜のしやべくり以外はずっと見てました 特に大野さんのドラマは良かったですね 号泣しました 最後本人の希望でチューブを抜くシーン一旦は納得した父親役の三浦友和さんが医者に「外さないでくれ」と懇願するシーンではもう嗚咽をあげるほどでした 当たり前の日常ほど幸せなことはないんですよね。 愛娘をなくされた板尾さんの「良いことはなくていい。 悪いことさえ おきなければそれでいい」っていう言葉がドラマとリンクして胸に響きました!メインパーソナリティの嵐や上戸さんの真剣さ 誠実さが感じられてとても良かった
投稿者: [ 2013/08/26 08:57 ]
日本
地方の壁、ダーツの旅見れていません、ローカル長すぎだと感じました
嵐の控えめで優しさとても伝わってきました、ドラマも感動しました,カンジャニさんとのあれ、必要ですか、枡さんもいいよ、来年は枡さんがんばれ。
投稿者: [ 2013/08/26 09:29 ]
流産の話は初めて知りました。そして、モー娘。とAKBの処遇は?
おはようございます。やっとここの辿り着きましたが、森三中の大島美幸さんのマラソン、『行列』でのゴールになりましたが、本当に完走おめでとうと言いたいです。そんな中、流産していたことが放送で明かされましたが、あの時は大島さん本人や夫の鈴木おさむさん、両一族はもちろんでしょうけど、同じメンバーの黒沢かずこさんや村上知子さんも本当にショックだったでしょう。でも、これが大島さんが芸人として生きるという決意を持たせたと思います。
ところで、『24時間テレビ』で欠かせない存在が2組いますが、それはモーニング娘。とAKB48。毎年どこかの時間帯で見かけますが、モー娘。が武道館、AKBがコンサート会場からの中継という処遇で来年以降も続くのでしょうか。個人的にはモー娘。とAKBが共演してサブテーマ曲「でっかい宇宙に愛がある」とAKBメドレーを毎年見たいなあと思ったりもしますが、AKBのスケジュールがきついことを考えると、今年と同じ処遇になるのかなあ?
投稿者: [ 2013/08/26 09:36 ]
24時間テレビ、歴代4位
フジTVが27時間テレビ、日テレが24時間テレビをそれぞれ8月に放送されたが、歴代視聴率の世界で残念ながら明暗がくっきりと分かれ、27時間テレビの視聴率は9.8%に甘んじ、これは歴代ワースト記録を更新し、一桁台を食らったのは史上初!対照的に24時間テレビの視聴率は18.1%を記録し、こちらは歴代4位に入り、先に放送した27時間テレビに対して8.3%の圧勝劇だった。やはり右肩上がりで臨んだ日テレに対し、7月ごろから視聴率が急降下になりかけたフジTVとの差が視聴率だけではなく、企画力にもつながり、若者層では日テレの24時間テレビが圧倒的有利だし、女子力ではフジTVのお株を奪い、困っている人の企画は4月から始まっており、嵐だけではなく、上戸彩のトーク力、計画性のない打ち切りを食らった桝アナのリベンジ登板、27時間テレビで大失敗した大島美幸のリベンジのためのマラソン、全ての面で日テレがフジTVを粉砕し、嵐のギャラが流れたが、高視聴率に助けれたおかげで変な情報を克服し、心配された視聴率も好転し、おまけに24時間効果もあって8月の第4週の週間視聴率で全日(6時~24時)、プライム(19時~23時)、ゴールデン(19時~22時)の三冠王を獲得した。
今までテレ朝が殆ど独占していたが、日テレが風穴を開け、いよいよ10月以降から本格的に勝負が始まろうとしています。
★24時間テレビ&27時間テレビの総括★
強い裏番組にリードを許したのはフジTVの27時間テレビがテレ朝の土曜ワイド劇場に競り負け、さらにTBSのサンデーモーニング、日テレの世界の果てまでイッテQ!、NHKの八重の桜にそれぞれリードを許した。特に27時間テレビのフィナーレは八重の桜&イッテQ!に次いで3位に沈んだ。日テレの24時間テレビは全ての時間帯でぶっちぎりの首位をキープしたが、唯一負けたのはサンデーモーニングしかなかった。
27時間テレビではアイドル勢の出演が少なかったが、24時間テレビでどうしても欠かせない存在が2組いますが、平均年齢が15.7歳のモー娘。が出演しており、峯岸みなみがAKBの正規メンバーに復活し、チーム4を結成し、チームキャプテンの峯岸を除くメンバーの布陣は14歳~18歳までの人を揃え、モー娘。が12期メンバーの合格者が0だったのでチーム4&モー娘。も平均年齢がほぼ同じくらい近いし、同級生メンバーも多く、来年はモー娘。&AKBのツーショットが見られそう。AKB&モー娘。の分岐点は1993年度組まではAKBが優勢だったが、1994年度組以降はモー娘。とほぼ互角だが、特に中学生でもある1998年度組&1999年度組はモー娘。が8割以上を占め、1996年度組&1997年度組の高校生もAKBよりもモー娘。に若干流れ、チーム4がモー娘。に挑戦状を出し、中学生アイドルの時代がスタートし、これからアイドルも世代交代に突入し、課題なのはモー娘。&AKBにも同じことが言える。今まで実績がなかった2000年度生まれ以降の人の起用を考えなければならない。
投稿者: [ 2013/08/26 13:44 ]
今年も
感動はもちろん、考えさせられたり濃い番組だったと思います。
音楽も、ダーツの旅や二宮さんのコーナーが良い具合の娯楽感でバランスも良かったです。
深夜以外は。
途中で見るのを止めましたが、生放送のバラエティは難しいんですね。
しゃべくりのスタッフさんならエンタのスタッフさんかな。
まだ芸人さんのネタをやった方が良かったのにと思います。
投稿者: [ 2013/08/26 14:56 ]
24時間に対する素朴な疑問
仕事続きで半分録画でまだ未視聴な企画も多いですが、24時間のマラソンの注目度を実感することがありました。
昼~夕方はまちまちな番組を見ていた‘職場の皆さん’がクライマックスが近づくにつれチャンネルを24時間に合わせ、大島さんがゴールするのを見守っていました。時間内にゴールできなかったので皆さん行列まで延長視聴。消灯時間に過ぎても「これ見てから寝るから」と。まあしょうがない(笑)なにかに挑戦する人、その結果を見届けたいということなのか、あるいは夏の終わりの風物詩なんでしょうか。その場の年齢層もあるんでしょうけど…一部ではありますが、その「支持率の高さ」をみてネットで批判されるのもあくまで一部なんだなとつくづく感じました。

私もこの番組そのものは好きなわけではないです。が、募金を使って毎年福祉車両を寄贈したり緑化活動をしたり、一昨年と昨年は被災地へ寄付をしたりと有益には使われていると思われるのですが。何か言わずにおれないというのはそれだけ関心の高さ?その好悪混じりの感情がこの視聴率を生むのかな?
はじめはネットの批判意見も「まあわかるなあ」と思ってみていたのです。そもそもそちら側でしたし。でも批判者の中にはその意見が差別意識の塊じゃないか、と突っ込みたくなる感想を言っている人も多い。右ならえでそうなったのか、それともそんなに差別意識を抱える人は多いのか?さらに叩くに都合の悪い情報には目をつぶったり否定したり。今の情報だけでは足りず、数年前の叩けそうなネタを検索して今のもののように拡散したり、ガセを事実として拡散させたり、ネガキャン用?と思われるアカウント作っている人まで…。おかしな言い方ですがそういう人たちがそこまで固執する意味のある番組…なんでしょうか?(汗)私にはわかりません…。
この番組に関することで私がどこかにモヤッとするものを感じるのはこの番組の賛否の底にある色々な感情や価値観を目の当たりにするからもあるようです。こちらのサイトにはそういう感想がなく安心して読めますね。…管理人さんの管理の賜物でしょうか。だとすればお疲れ様です…。
投稿者: [ 2013/08/26 21:48 ]
深夜しゃべくり
24時間テレビの次の日のに再放送があるなら深い時間まで起きる必要なかった。
ディレクターズカットという感じもしなくて何だか残念。

今後改善されるよう、期待したい。
投稿者: [ 2013/08/27 15:40 ]
ドラマとタップ
大野さんのドラマ、とても良かったです。久しぶりにドラマを見て泣きました。
私は家族を癌でなくしているため、
病気や死で涙を誘うようなドラマは好きではありません。
でもこのドラマは主人公の病の受け入れ方に大袈裟さがなくて
余命が決まった途端に急に悲劇のヒーロー化することもなく、病人を美化せず
大野さん自身のセリフにもあったように「中途半端な人間」のまま人生を終えるというところがとても現実的で良かったです。死は人生が熟すのを待たずにやってくるということが描かれていました。
甲斐甲斐しく毎日看病に訪れていた彼女が、主人公から逃避して看病に来なくなる心理もリアルで共感できました。
実話を元にしたフィクションだそうですが、人の死をファンタジーにしていないところが容赦なくて良かったです。
病は例えば結婚して幸せな家庭を築くことや
仕事で大成することもないまま、それでも確実に進行していくものです。
待ってはくれない。その無常さや無念さが描かれているドラマでした。

松本さんと聾学校の生徒さん達のタップダンスもとても感動しました。
音が聴こえない中でリズムを合わせる難しさ、音の聴こえる私には想像すらつきません。たった一度きりの本番であれだけリズムをしっかりと合わせるには
単純に練習を重ねるだけでは得られない意思疎通、呼吸のリズムが合っていなければ無理だと思います。
個々がどれだけ練習を重ねて優れた技術を身につけたとしても、
心がひとつにならなければ音はバラバラになるはず。
生徒さん達の生き生きとした表情と松本さんへの信頼感、まさに一心同体の音。
魂が同じ方向を向いている事が伝わってくるタップでした。鳥肌が立ちました。
忙しい中、短期間で信頼し合える関係を築くことのできた松本さんと生徒さん達に人間同士の奇跡的な力を魅せていただきました。涙が出ました。スタンディングオベーションが自然に起きていたのも納得です。
2日目の夕方ってよくよく考えたら松本さん24時間ほぼ不眠不休状態だったんですね。疲れや睡魔で集中力を少しでも欠いたらミスにつながる緊張感の中で完璧なタップを魅せてきた。この並外れた集中力を公の場の本番で発揮できる力こそがテレビに出る仕事をしている人達に一番不可欠なものなんでしょうね。

24時間テレビのチャリティーという主旨には首をかしげるところも確かにありますが、出演されている皆さんのひたむきな人間力には毎年素直に感動します。
チャリティー番組としてじゃなくてもいいので続けてほしい番組です。
投稿者: [ 2013/08/28 12:31 ]
娘達と観ていたのですが、「オープニングにお金かけたなあ」が第一声でした。
募金を持って来て、番宣している方々を見て驚きました。少し考えれば、この番組で番宣する事の愚かさなど分かりそうなものなのに・・・。
子供の頃、番組を見て感動し、いろいろな事を考えました。募金したり献血したりするようにもなりました。あの頃のように素直な気持ちで観ることはもうできません。でも若い人達がその瑞々しい感性で何かを感じとっていくためには、この番組は必要なのかなあ、と思ったりもしています。
投稿者: [ 2013/08/28 21:50 ]
24時間テレビの視聴率の高さに、疑問を持ちながらも視聴者に受け入れられていると感じる。
24時間ドラマは、何故病気、障害者が主人公でなければばらないのか…
二十四の瞳の様なドラマでは駄目なのか…いつも思う。
今年も各局SPドラマで、癌と闘う話、戦争物が放送されたが視聴率が低かった。ドラマの出来は24時間ドラマより良くてもだ。
マラソンも、高田文夫さんや伊集院さんのラジオで、完走では無い、完歩だ等批判されていたが、ゴール時には30%とっている。
夏の終わりの風物詩として、この番組は変わらず続くようだ。
投稿者: [ 2013/08/29 08:58 ]
良かったこと、考え直してほしいこと
短期間でこれだけの募金額が集まる機会はまずない。
それは事実としてすごい番組だと思う。

コーナーによっては、知り得なかった事や過剰演出のない質の良いレポートは比較的朝だったり昼間だったり。
民間テレビ局だから、当然視聴率を意識した番組作りをしているのだから生放送のどきどき感やエンターテイメント性の高い物が肝になるから致し方ない所だろう。

天候が悪いと困難になる登山などは収録でも良いのでは・・・と人としては思ってしまうが、どきどき感が損なわれてしまうのだろう。
身体のハンディキャップのある方にチャレンジしてもらうのはテレビという特性上・・・視覚から入る情報が誰にでもわかりやすいからだと思うが
、この辺りはやってる人が変わっているだけで、毎年似たような事の繰り返し。
むしろ、被災地の事や高齢者介護、子育て支援などに時代に合った身近なことにも目を向け取り組んでもらいたいと願う。

そういう意味で、今年やってこそ意味があったと感じたのは、
被災地の子供の心のケアを再認識させられたアートの取り組み。
卒業式で歌うはずだった生徒さんのコーラス。
そして、要所要所の息抜きになるコーナーも良かった。

深夜枠のコーナーは、考え直してほしいとしか言いようがない。
音楽でも芸人さんならネタでもいいと思うが。
投稿者: [ 2013/08/29 13:31 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最新コメント
データ取得中...
アクセスランキング
記事ランキング
ブロともになると、コメントがすぐに表示